FXでおすすめの通貨ペアとは。

FXは、外国為替に対して投資を行います。
これだけを聞いてもイマイチぴんと来ない方も多いかもしれません。
例えば株式投資なら上場銘柄だけでも2000種類弱ありますが、その中から将来性があるものや経営が安定している企業の株などを選んで購入しますよね。
FXの場合は銘柄ではなく、他国の通貨を選ぶ(取引する「通貨ペア」を決める)、というところから投資をスタートさせていくのです。

では、FX初心者はどの通貨を選べばよいのか、決めるのが難しいと感じるのではないでしょうか。
世界中にはたくさんの通貨があり、何を基準に決めてよいのかわからないと思ってしまうためです。

基本的に、FX初心者の場合は「米ドル」で最初に取引することがおすすめだと言われています。
とある専門家は「米ドル円」の通貨ペアを100%おすすめする、なんて話しているぐらい。
その根拠について調べてみました。

一番大きな理由としては、世界の基軸通貨が米ドルだから、ということ。
アメリカに関する経済指標や情報が為替に与える影響が大きいことや、それだけに米ドルに関する情報はあふれており、リアルタイムで入手しやすい点。
そして、ファンダメンタルズ分析という、チャート分析がしやすいことなどが挙げられます。
以上の点から取引しやすい通貨だと考えるのが妥当、とのことでした。

さらに、米ドルの場合は取引量が多いので流動性が高く、トレンド(相場が一方方向に進むこと)が発生しやすいことも特徴です。
つまり値動きの予測がつきやすく、ひいては利益に直結できる投資が可能ということが言えるでしょう。

FX初心者は間違いなく米ドル円という通貨ペアで始めてみてよいと思います。
徐々にコツをつかみだしたらユーロやポンドなどに投資をしてみてもよいのではないでしょうか。

また、FXの売買方法として、買いからも売りからもスタートできるということも魅力なのでそちらについてもぜひ詳細を確認してみてください。
円高円安どちらの局面でも利益を狙えるのでメリットです。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*