ロスカットルールとは。

FXをはじめとするCFD取引には、”ロスカット”というシステムがあることをご存知ですか?
多くのトレーダーにとってロスカットは絶対に避けたいもののひとつと言われているほど。
本項では、ロスカットについて詳しくご説明し、FX初心者にとって有益な情報となるようにまとめてみました。

まずロスカットという用語からご説明しましょう。
「含み損が大きくなりすぎた場合に、自動的に行われる強制決済」のことを指します。
含み損とは、まだ決済をしていない段階でも損失になることがわかっている状態です。
つまり、売買を確定させていない状態で損失が出ることが決まっているものが含み損となります。

具体例を挙げますと、1ドル=100円の時に1万ドルを買ったとしましょう。
1,000,000円を支払って10,000ドルを購入したということです。
ところがその後為替レートが変動し、1ドル=90円になりました。
今決済をすると、10,000ドル×90円となり、900,000万円になります。
つまり、10,000円損をしてしまうということです。
ここでもし今後も相場が下がり続けることを予想し、10,000円の損失で抑えるために決済をするのか、それとも円安になるのを待ってポジションを保有しておくのか悩むところでしょう。
この状況が「1万円の含み損がある」という状態です。
今後の為替レートの変動を予測せずに現段階で発生している損失も、ロスカットルールには含めてしまいます。

ロスカットが適用されるのは、あらかじめ設定されているロスカットレベルという必要証拠金維持率を下回った場合です。
証拠金維持率というのは、担保として差し入れている証拠金(資金)の金額から、現在の含み損を差し引いた割合を指します。
業者によって証拠金維持率というのは異なりますが、とある業者の場合は、
・証拠金維持率100%・・・必要証拠金と証拠金残高が同額の状態。新規の取引は注文できない
・証拠金維持率50%・・・ロスカットアラートが発生し、証拠金の追加(追証)もしくはポジションの決済を促される
・証拠金維持率30%・・・ロスカットが執行され、保有しているポジションが強制的に決済される
ということでした。

Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*